日本アルプス意外に知らない3つの山域!「山の日」制定アルプスを楽しもう!

LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

日本アルプスって良く聞きますね!

南アルプス天然水みたいな飲料水で名前だけは知っているアルプス!

あるいは、南アルプス市という地方都市もありますよね!なんかいい響き都市名ですけど!

-shared-img-thumb-PP_harunoarupusu_TP_V

でも、アルプスって意外に広い範囲にある山域なんですよね!知ってました?

そして、北・中央・南と3つのアルプスに分かれているんですね(^-^)

登山初心者だと意外に知らないか、何となく知っている程度だったりするんですよね!

今年は「山の日」制定もありますから日本の屋根ともいわれる日本アルプスを簡単に覚えて行きましょう!結構、特色がありどの山域も魅力あふれる山が沢山あります!


masking_tape123つの日本アルプス

img055

日本アルプスといっても3つに分かれているですね!知ってましたか?

実は日本アルプスには日本名で山脈名があるんですよね!

飛騨山脈北アルプス

木曽山脈中央アルプス

赤石山脈南アルプス

この3つの総称を日本アルプスと呼んでいるですね!


masking_tape12日本アルプスの名前の由来

では、そもそもアルプスって呼ばれる由縁とはなんだったでしょうか?

アルプスといえばヨーロッパアルプスですよね!まさにこのアルプスからの由来なんですよ!

イギリスの治金技師ウィリアム・ゴーランドによって命名されたといわれています(日本に滞在時に登山を楽しんだようですね!登山家でもあったようですから)

登山家だったウィリアム・ゴーランドが信州の山を日本アルプスと記述したことを後に宣教師のウォルターウエストンによって世界に広めたと言われているんですね!

ウィリアム・ゴーランド氏が信州(長野県)の山々を見てヨーロッパのアルプスに思いを馳せたのでは?なんともロマンチックな感じがしますね(^^)

そして、日本の山の魅力を世界に紹介したのが宣教師のウォルターウエストンだったんですね!上高地にも碑があるので知っている人も多いのでは!

いずれにしろ、外国人さんから見ても魅力溢れる山域だったということですよね!(^^)


masking_tape12北アルプス(飛騨山脈)

karesawadake

富山・岐阜・長野・新潟の4県にまたがる大山脈です。上高地河童橋から仰ぎ見る山々は「the北アルプス」って感じですよね!日本アルプスを想像する時の多くはこの風景を想像する人も多いのではないでしょうか!人気登山スポットも多いですもんね(^^)

北アルプスの主な山々

劔岳・立山・白馬・槍穂高連峰・燕岳・大天井岳・常念岳など、ほかにもメジャーな山々が目白押しの山域なんですね!1シーズンでは登り切れないスケールがあります(*_*)

masking_tape12中央アルプス(木曽山脈)

40

長野県中央部に位置する山脈です。中央アルプスといえば千畳敷カールからみる山々でしょか?駒ケ岳ロープウェイで千畳敷駅までいっきに!標高は2611.5mのアルプスへ気軽に行くことできますね(^-^)

中央アルプスの主な山々

宝剣岳・木曽駒ケ岳・空木岳・木曽御嶽山・恵那山など、この中では木曽駒ケ岳などは中央アルプス最高峰でありながら千畳敷までロープウェイでアプローチでき初心者向きの登山ができる山ではないかと思います(^-^)

masking_tape12南アルプス(赤石山脈)

13

長野・山梨・静岡の3県にまたがる山脈です。標高からいうと3,000m級の山が多いのは南アルプスです。日本第2位の高峰「北岳」もこの山域です。又、北アルプスと違い森林限界が高いのも特徴の山域ですね!(気象条件のため)

南アルプスの主な山々

甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・鳳凰三山・北岳・間ノ岳・塩見岳・赤石岳・光岳・農鳥岳など、管理人的には甲斐駒ケ岳でしょうか?堂々とした山容はやはり魅力があり惹きつけますね南アルプスのシンボル的山ですね(^-^)

スポンサーリンク


masking_tape12まとめ

*日本アルプスは3つの山脈の総称

北アルプス=飛騨山脈  中央アルプス=木曽山脈  南アルプス=赤石山脈

*日本アルプスの名付け親=ウィリアム・ゴーランド

*日本アルプスを世界に紹介=ウォルターウエストン

日本アルプス簡単な”まとめ”いかがでしたか?

実は管理人も登山をはじめた2~3年はよくわかりませんでした。

登った山から自然と覚えていくものですが計画を立てるのもとても大切になりますから知っていて損はないですね!今年はアルプスへと思っている人へ是非、地図や写真を見て思いを馳せるのも登山の楽しみのひとつかもですね!そしていざ登山は安全に楽しくですよ(^-^)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする