ミニマリスト腕時計はベルト交換が必須?NATOベルト交換に挑戦

LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

相変わらずゆる〜くミニマリストを続ける管理人!

このゆる〜くが長続きするコツだと管理人は考えているんです!何せあまりにも全ての”モノ”をなくすような生活スタイルにしてしまうと、それこそ不便そのもので耐えられないと考えているんです(*_*;心地よくシンプルライフをエンジョイできる生活スタイルを目指しているんですが^^;ほんと緩いですね!

まぁ〜はっきり言って自分に甘いんですよね(;_;)! さて話を本題に!今回は普段使用している時計のカスタマイズです(^^)カスタマイズといっても難しいことはありません!ベルト交換です☺ただ、ミニマリストらしいベルト選びをしたい?と思い思案に思案を重ねた結果選んだのがこのベルト!

empire_nato-strap-nylon-20-_1*EMPIRE-ベルトの専門店から引用

腕時計ベルトの専門店 – EMPIRE エンパイア

前から狙ってはいたんですがね〜このNATOベルト!何となく最後のひと押しがなく購入には至らなかったんです。でも最近、その最後のひと押しが・・・。仕事関係の人がこのベルトをチョイスして時計をしているのを見てチョ―かっこいいと触発されてしまった訳です^^;

単純ですね^^;! ただ、言い訳ですが管理人最近時計をなんとか均等に使用しようと思案していたところだったんです!「均等に使用とは?」なんですが恥ずかしい話!管理人腕時計を3本使用しているんです。これってミニマリスト的にはど〜よって話なんですが!そうですシンプルじゃないですよね(;_;)

でも、ここにはもっともらしい管理人の理由があるんです

①趣味の登山用に必ず登山専用の時計が必要なこと。

②登山時、登山用の時計が故障した時の為に必ず予備の機械式時計を持つこと。

③冠婚葬祭の際や主に仕事に使用する時計を持つこと。

*機械式(自動巻き)以外は全て電池交換は自分でできるタイプの時計もちろんベルトもです。

timelovers_ss016636000

こちらが登山用スントコアです。登山の際には当たり前ですが必ず”装着”して登ります。しかし電池駆動(クォーツ)の為、もしもの時に備えて必ず機械式(自動巻き)の時計もリュックに備え付けて行くんです。こうすることでいざという時、時間的焦りを極力減らすことができると考えています!まぁ〜転ばぬ先の杖とでもいったところでしょうか!

IMG_20160309_001128

それが、こちらの機械式(自動巻き)セイコー5です。もう10年も前に中古で購入していまだに現役です。やはり機械式ってすごいですね~買った当時1万円しないで買った記憶が・・・?全くといっていいほど故障とは無縁です!

IMG_20160526_224808

そして、主に仕事用にSWATCHのIRONYちょっとかたい仕事や特にお悔やみの時などはこちらの時計をするようにしています。ベルトは以前アルミのベルト(純正)のものから皮ベルトに交換して使用しています。こちらもすでに10以上は使用しいて愛着があります。キズだらけですが(^^ゞ

以上3本を代わる代わる使用しているのですが!どうしても機械式(自動巻き)セイコー5だけがどうしも使用が少なくなってすまうんです。ベルトがステンレスだったこともあり使用感がいまいちだったんです。そうなると使用する回数が減ってしまうですよね!ほんの少しの違和感なんですが・・・(-_-;)

そんな訳でこのセイコー5のベルト交換!せっかく持っている時計をしっかり使用して楽しもうって訳です!因みにおなじ時計をするより3本の時計を回すことでベルトの劣化を防ぐこともできるんです。スントコアのウレタンベルトが結構早めに劣化するんですよね(-_-;)(ちょっとチンケな話ですが^^;)

今回購入したNATOベルトです。

img_20161221_1931471 img_20161221_1932321

結構、豪華そうな感じの商品袋ですね!なんか好感が持てます(^^)中にベルトがビニールの袋に入れた状態で入っていました。(丁寧な梱包ですね)

img_20161221_1934401 

金具の部分もしっかりキズ防止のビニールが貼ってあります!金具部分はステンレスを使用しているとのことでキズも付きにくく耐久性もありそうです。又、ベルトもそこそこ厚みもあり丈夫そうです。ただ、管理人の時計はバネ棒と時計本体との隙間が狭すぎて通すのに苦労しましたが(^^ゞ

img_20161222_0726191

今回は、グレーブラックのツウトンカラーを選びました!ベルトを通してみて正解だったと感じました。文字盤がオレンジ色で派手目なのでベルトはシックな色合いの方がいいのでは?と選んだのですが!これが意外にジャストフィットな取り合わせでいい感じです(^^)

スポンサーリンク

交換は至って簡単です。もともと付いているベルトを2本のバネ棒を小さなマイナスドライバー等ではまっている穴から外し、ベルトを取りは外します!さらにベルトからバネ棒だけを取り外し元の場所にはめ込み(バネ棒を利用します)そこに、今回購入のNATOベルトを差し込んでいくだけという工程です。(10分~15分で終了できます)

img_20161222_0727151 img_20161221_2015071

ベルトひとつ交換しただけで、時計の印象もガラリと変わりますね!そして金属製のベルトで違和感があったのがこのNATOベルトに変えることで装着感も良くセイコー5の出番が増えそうです☺又、金属製ベルトだと管理人の腕が細い為、調整が限界になってしまいゆるゆるだったのもより使用感を悪くしていた原因だったんです(*_*;!

その点、NATOベルトであれば細い腕でも、しっかりホール(穴)があり違和感なく装着できることはとてもいいですね(^^)! もちろん、ベルトの装着感もなんの問題もありません(2週間使用問題なし)1,000円位で大きく時計のイメージを変えることができて大成功です!


masking_tape12まとめ

今回は時計のベルト交換の紹介をしました!いかがでしたか?最後に簡単にまとめておきます。

①現在使用中の時計の印象をガラリと簡単に変えられる!

②何本か用意できれば気分に合わせてコーディネートできる!

③ベルト自体、丈夫で耐久性もあり長持ちしそうだ!

④チープ時計にNATOベルトにすることでオリジナル感がアップ!

⑤とにかく安価に手に入れることができる!

時計のイメチェンひとつで新鮮な気持ちになれるもんですね! 物を大切にすることにも繋がるしで一挙両得って感じですね! ゆる〜くミニマリストを目指す中年オヤジのお楽しみでした(^^)!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする