あれっ!ウォシュレットから水漏れ?原因は意外なところに!

LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

今朝、いつものようトイレに何気に床を見たら便器の淵が濡れているんです!

img_20160909_201915 これが、我が家のトイレです!

なんだこりゃ~更によ~く見ると白くなっていたりして一度乾いて又濡れた様子?結構前から水漏れがあったのかな~とそれから水漏れを総点検!これが、なかなか手強い一向にどこから漏れているのかわからない?

そこで、トイレの水を流して見たところある部分からジワ~と染み出しくるのが分ったんです!ここだ!これじゃ分んない訳だわな~

ある部分というのが給水フィルター付水抜栓です。

img_20160909_201843 

どうやらウォシュレットには、ほとんどこういったフィルターがついているらしいです!

img_20160909_201703

フィルターの取り付け部分から染み出し縁の部分から下に滴り落ちていたんです。

img_20160909_201556

ちなみに、一日試しにボール(水受け)をおいてみたところ結構な量が漏れていることがわかりました便器のまわりも白く水が漏れた跡が残っています!こりゃ~直さないと!

ということで、早速メーカーに問い合わせ(TOTO)!ところがなんです(汗)管理人宅についているタイプのウォシュレットは型番が古すぎるらしく部品を扱ってないとのこと。優しい声で新しい機種への交換をお願い致しますとのことで問い合わせ終了(涙)

スポンサーリンク

なんだよ~こんなネジひとつの為にウォシュレット本体ごと交換?勿体無いでしょう。ていうかせこいんですが・・・(涙)まぁ~諦め半分でネットで調べて見たんです!なんと簡単にヒット対応機種を見るとOK!調べてみるもんですあっけなく購入することに(送料込み1,090円)

AQUACLEAN【アクアクリーン】

img_20160909_202153  img_20160909_202200

現物が上記の写真です若干形状が違いますが、対応機種になっていたので信じましょう!先端部分とネジの傘内部にゴムパッキンがついています。更に中央部がフィルターになっているようです。古いものが劣化しているのかどうかの判断は全くわかりません。

*給水フィルター付水抜栓の交換です。

まずは元栓をしっかりマイナスドライバーで締めて水を止めます。

img_20160909_201902 img_20160909_201933

水の流れないのを確認できたら早速、給水フィルター付水抜栓をはずしていきます!

img_20160909_201949 img_20160909_202017

給水フィルター付水抜栓を外した様子ですね!そして新しいフィルターを取り付けました。

img_20160909_202037 img_20160909_202422

あとは、元栓を開けて水が流れることを確認。そのご漏れがあるかどうかを時間経過を見ながら確認していこうと思ってます。上手くいくといいのですが・・・(汗)

結構、これだけで水漏れが直せる例も多いようですよ!床に水シミがあったりした場合ここの水漏れを疑ってみるのも必要ですね! ただし、これでも解消しない場合本当にウォシュレット交換になってしまいそうですね(汗) さぁ~漏れないように頼むよ~!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. T Mizuno より:

    「ウォシュレットから水漏れ」同じ経験を致しました。
    TOTOからのアドバイスも同じです。経年劣化でどこが悪くなるかの説明もありませんでした。そこで説明書にフィルターの清掃方法の記述が有りましたの、それを取り出しました。汚れも無くきれいで、パッキンも柔らかく、劣化してない状態でしたので軽い水洗いとパッキン2か所の全周にシリコンオイルグリース(手持ち品)を塗り組み込みました。3週間程度経過ですが水漏れは有りません。ねじが緩んでいたか?。
    修理費0円!、TOTOの販売戦略にはまらなくて良かった!!
     今後も良い発信を期待しております。

    • otama より:

      たま見聞録の黒須と申します。
      今回は、コメントありがとうございます(^^)! そうですよね。トイレ水周りの故障は特にやっかいですよね~!素人だとほとんど原因が分らず業者やメーカーの指示通りに動く意外方法がない感じですよね(~_~;) 
      少しでも自己責任とはいえ、自力で直せるこは案外あるのかもしらませんね!当ブログ記事が少しでもお役に立てて嬉しいです。機会がありましたら、またお立ち寄りください。
      当ブログをこれからも宜しくお願い致します。