日焼け止めのSPFとPAの本当の意味とは?シミ・シワをつくらない為の日焼け止めの選び方!

SONY DSC
LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

SPF表示最近、よく見るんですよ~(^-^)

あの日焼け止めクリームに書いてある表示?

数字が大きいほど日焼けしないんでしょう!

というあの表示のことですね。

taiyou_sunglassSPF

で、日焼け止めを買う時って、

このSPFの数値を見て購入・・・

でも、その買い方って本当にいいの~?

って疑問に思たんですよ!(^^ゞ

それに、SPF表示と一緒に表示されてるPAってなに?

を知り合いの専門医に聞いてみたんですよ!

聞いてみて、”なるほどを簡単にレビューしますね!

きっとみなさん、知りたいですよね!

結構、

紫外線って対策を怠るとこわ~い!

厄介なことに・・・

そうなる前に対策が・・?(^-^)

hiyake_woman

では、

いきますね!

先ずは専門医聞いた!

紫外線①

肌の老化の80%は光老化!

肌の老化の殆どは紫外線によるもの?

これ、本当なんです。

*紫外線=肌の老化を促進!

(紫外線の影響80%)

*老化予防=紫外線を防ぐ!

になるんですね(゚д゚)!

日焼け止めはシミ予防老化予防

では、

紫外線の種類

紫外線に種類がある?A・B・C

①紫外線A波・・シワ光線

肌の奥まで届きシワをつくる原因光線

曇りや雨の日も降り注ぐ!

ガラス窓も通りぬけてくる厄介な光線!

②紫外線B波・・シミ光線

シミ・ソバカスをつくる原因光線

日焼けで火脹れ状態する光線

メラニン生成を過剰にする光線(シミ増える)

③紫外線C波・・オゾン層吸収

オゾン層破壊で危険性が言われている

B波より、さらに有害な光線。

海外旅行の行き場所によっては注意も?

そこで、紫外線を防ぐ対策と

指標が必要という訳!

スポンサーリンク

紫外線SPF

SPF・PA表示のホントの意味!

①紫外線B波・・シミ光線をガードするSPF

*SPFの表示

1SPFは約20分です。

*SPF30の場合 

20分×30=600分になります。

10時間の日焼け止め効果があります!

但し、2時間に1回以上の塗り直しが必要

SPF30をつけていれば日焼けしないは✖

何度も、塗り直しが必要ということ!

SPFは強さではなく長さで選ぶ!

通常状態で最高でもSPF30で十分! 

通常生活であればSPF20でも○

重要なのはムラなく塗ること!

②紫外線A波・・シワ光線をガードするPA

PAの表示・・+効果あり

      ++かなり効果あり

      +++非常に効果あり

効果を持続する為に塗り直しが必要!

通常環境であれば++で十分!

重要なのはムラなく塗ること!

hiyakedome

まとめ

*老化の80%は紫外線の影響

*日焼止め本来の意味は老化予防!

*紫外線A波・・シワ光線=予防指数PA

*紫外線B波・・シミ光線=予防指数SPF

*SPF・・1SPF20分 

通常でも30もあれば十分です(20でも)

*PA・・+ ++ +++ 

通常++であれば十分です。

だだし、ムラなく塗ること必須!

以上、簡単にわかるSPF・PAの意味!

使い方と選び方いかがでしたか?

SPFは強さではなく、長さで選ぶと分かりやすいですね!

自分がどれ位、外で活動するかを計算して

選ぶといいですよ(^-^)

くれぐれも丁寧にムラなく塗ることが大切!

さぁ~

シミなく、老化しない美肌をめざしましょうね(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする