スントコアのベルト交換!自分でやることに意味がある?

LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

山時計スントコアのベルトが切れました!

IMG_20160701_202601 

とはいっても、山行によってタフに使って切れてしまった訳ではなく寿命で切れた?ようです(*_*;管理人の山時計はスントコアというモデルの時計です。最近、エコを目指す管理人にとってこの時計、自分で電池交換ができたり形状もとってもシンプルでカッコイイです(管理の好みですが・・・)エコ的にもスタイルもお気に入りなんです(^^)timelovers_ss016636000スントコア・グレイシャーグレー

スントコアといえばオールブラックが超人気のようですが管理人は一味違ったグレイシャングレーを使ってます!よりシンプルに見えるところがいいですね(^^)

そんな、我がスントコアのベルトがいつの間にか切れていたんです!スントの場合は概ね購入時ついているのがウレタン製ベルトのようです。装着感は柔らかくフィット感もいいのですが2〜3年で寿命がくるようです!管理人のベルトも例に漏れず2年目でお釈迦になりました。

IMG_20160701_202122

今までであれば即、時計屋さんへ交換をお願いに行く所ですがスント・コアは電池交換も自分で出来ることだし、ベルト交換も出来るはずと検索・・・ん〜沢山ありますね!これに安心(^^)ベルトをネットで購入することに!

しかしベルトの種類も沢山ありますね!迷いました(^^)まぁ〜スント・コアに合うことを考えればシンプルに勝るものはないと思いウレタン製のクロをチョイス意外に安価に購入できました(^^)しかも、夜に発注の翌日配送(通常配送)amazonn早すぎです(^^)

IMG_20160701_202718 IMG_20160701_202832

さぁ〜ベルト交換やるぞ〜 ネットでベルト交換方法はしっかり頭に入れているつもり?でも、不器用な管理人一抹の不安を抱えながらも作業を進めて行くことに!さて、用意するもの精密機械用のマイナスドラバー2本、時計にキズが付かないようにマットなど。

IMG_20160702_223005 

スント・コアの場合ベルトと時計本体を細いシャフトで繋げているのですがこのシャフトを左右からマイナスドラバーで締めて固定されています。厄介なのが、一方側から回してしまうと反対側のネジが連動して一緒に回ってしまうのです。

IMG_20160701_202957 IMG_20160701_204433

ようするに、片側のネジにドラバーを差し込み回らないよう固定し反対側のネジを回して外すといった作業になります。慣れればなんてことはないでしょうが、そこは不器用な管理人慣れるのにかなりの時間を必要としました(*_*;

試行錯誤しながら、何とかベルトをつけることに成功!(大げさですが(^^)!)ん〜よかった!20分足らずで作業できました!物を長く使い続けるコツはメンテナスを自分で出来ることではないかと思うんです!いかがですか?

IMG_20160701_204858 IMG_20160701_204748

あっ、そうそう新たに装着したベルトは形状が違うタイプを選びました。イメージが変わってこれはこれでいい感じですね!自己満足ですがお薦めですよ(^^)

SUUNTO(スント) ウレタンストラップ フラット ブラック (CORE用)

自分でメンテナンスすると物への愛着が増すような気がしますね(^^)例えば、今回のベルト交換なども自分のオリジナル感を出す意味でも楽しみながらメンテナンスできる気がしました(小さな喜びですが・・・)!最近、使い捨て文化がまかり通る世の中ですが、長く使うカッコ良さも”アリ”ですよね!

スポンサーリンク

話は少しズレますが先日、本屋さんで登山家の愛用品を紹介する内容の本を見かけました!その愛用品の写真を見た時に長く使われて来た物の美しさに感動したんです。傷つき・古びた登山用具ではあるものの、手入れが行き届き鈍く輝くさまは、使い手の魂が宿っていると感じます。カッコイイ(^^)

スント・コアこれから”いい味わい”にしていきますよ〜 それがオリジナルになるですよね!

IMG_20160701_204943

管理人が持っているもう一つの時計スオッチ・アイロニーこちらの時計も電池を自分で交換しベルトも自分で交換もう10年以上は使っていますが問題ありません!傷だらけですが管理人のいい相棒になってます(^^)

結論、長く物を使い続けることって究極のエコですよね!(^^)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする