自動洗濯機の水がたまらない!もしかしたら排水弁が原因?自分で出来る点検・修理方法とは?

LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

あちゃ~水が出っぱなし

先日、突然我が家の洗濯機がおかしくなったんです!女房がえらい剣幕で騒いでいます!「お父さん~洗濯機の水が溜まんないよ!」と怒りながら伝えてきたんです!そんな事、言われても俺が壊した訳でもないのに~涙)

まぁ~立場上反論すると厄介なことになるので聞き流し・・・どれどれ見てみるか~「あれま~ホントだ水はジャージャー出てるのに一向に水が溜まる様子がない!”どケチな管理人”このままじゃ水道代が大変なことに・・・(-_-;)&とうとう新しい洗濯機に買い替えか?と頭を過ぎる。

洗濯機自体も年代物(裏を見たら1993年製)だから仕方ないといえばなんですが(;_;)我が女房はもうすでに新しい洗濯機を買う気満々です!でも、待てよ。その前に原因をネットで調べてみんべ~!対処法が何かあるんじゃないかと最後の悪あがきをしてみたんですよ(^^)

するとどうでしょう!同じような悩みで検索している人結構いるんですね!(^^)それらしき原因がアップされているではありませんか!その中でも有力では?っと思うものをピックアップその最有力候補が排水弁の不具合です。これが上手く作動しないとコックが閉まらず水が溜まらない仕組みらしいんです。(※これはメーカーを問わず概ね同じ仕組みのようです)

ただ、ネットだと排水弁と簡単に書いてあるだけですが果たして管理人の洗濯機でその排水弁とやらを見つけ出せるのか?不安がよぎりますが、そこはダメ元(どケチ魂)です(^^) では早速作業にあたることに・・・!


masking_tape12管理人の洗濯機シャープ製(es-be65)の場合

IMG_20160623_202601

この代物、もうかれこれ20年以上もお世話になってるんですよ!よくもまぁ〜ここまで大した故障もなく我が家の臭い洗濯物を洗ってくれてありがとうと改めて感謝です!まぁ〜ボロ洗濯機でも確かな思い出がある分、可愛く思えてくるんです^_^;良くも悪くも日本人なんです(^^)

さて、思い出話はこの辺で修理の解説に入りますね! 

先ずは準備として蛇口の確認です必ず完全に閉めましょう!さらに洗濯機を動かすことになるので洗濯機側の入水口も外しておくと作業がやりやすいです。さらに、絶対にコンセントは忘れずに抜いておきましょうね!感電でもしようものなら目も当てられませんからね・・・汗)

IMG_20160623_202717 IMG_20160623_202802 IMG_20160623_202705

準備ができたところで、いざ開始!

IMG_20160620_195322

最初に、洗濯機の裏面のパネルを外します。これはメーカーによってネジ数は違えど作りはさほど変わらないのでは?この洗濯機の場合2本のネジで止まっており、ネジを外した後にパネルを”たわませて”外します。(大よそどのメーカーも同じようなつくりのようです/同タイプ)

埃まみれの中身を見回すも排水弁なる物が見当たらないんです・・・汗)せっかくの分解もやはり無駄だったか~と諦めかけたんですが更に、洗濯機を横に寝せて下から確認!お~これだ!ネットで見た形状と似た部品があるじゃありませんか!

IMG_20160620_202916

こればかりは、各メーカーにより付いてる場所はまちまちでしょうか?ネットで紹介されていたケースはパネルを外し確認できる位置に付いているようでした!でも、形状的には概ねこれに似た形のようですから分かると思います!又、排水経路をたどる事で見つけ出せると思います!探してみてください(根気強く)

お目当ての排水弁が見つけられたら蓋にあたる部分を外していきます。モーターと連動している為ワイヤーでつながっています。外す前に写真を撮るなどして元の状態を確認できるようにしておくと安心です。割と簡単に外すことができました。というか外れてしまいました?汗)

IMG_20160620_203232

外すと中がこんな感じのゴム製の栓になっているようです。しかし”ヘドロ”まみれでとにかく汚い状態です(~_~;) やはり、この状態でうまく作動できなくなっているのか?とにかく汚れを除去!

IMG_20160620_204005 IMG_20170629_202722

家庭用洗剤も使用し丁寧に汚れを除去!さすがにきれいになりました。再び元の場所に戻します!戻す側(排水弁の収まるケース内側)もウエス等できれいに掃除しました(^^) 因みにゴム栓が切れていたりする場合は交換が必要とのことです!(部品代として1,000円位のようです)

後は、元に戻すだけです!ただ、ワイヤーを排水弁に掛けるのに多少、力が必要になるかもしれませんが・・・大きな問題ではないと思います! しかし、他の部分も20年以上の汚れがたまっていたのでついでに大掃除です。

IMG_20160620_210541

洗濯機下の排水パネルも綺麗に清掃!見違えるほど綺麗になりました。本体裏側のパネルをつけて元にもどし、水道ホースを接続コンセントを差込み電源をオン!

小気味いいコック音?と共に水が挿入!どうかな~大丈夫貯まっていくよ~(^^) やった〜大成功! 女房は新しい洗濯機が来ると期待していた分がっかりしていたようですが・・・だって問題なく使えるんですからね!これからも暫くこの洗濯機にお世話になりますよ(^^)

スポンサーリンク


masking_tape12まとめ

今回のような症状で悩んでいる方は一度チャレンジしてみては?(修理は自己責任でね!)意外に簡単に修理できました。

*原因・・・排水弁にヘドロやヘヤーピンなどが挟まりうまく作動しないため、弁が閉まらず結果、水が溜まらなくなってしまうようです。

*対策・・・このヘドロやヘヤーピンなどの異物を取り除いて弁の動きを正常に戻してあげることで症状が劇的によくなります。また、栓がゴム製のため破れたり破損したりしている場合は交換の必要があるので部品を取り寄せる必要が出てきます。(各メーカーに問い合わせ)

*予防・・・今回感じたことが最近、娘が頻繁に柔軟剤(結構多量?)を好んで使うようになったんです!あの”ヘドロ”を見て思ったんですよね!もしかしたら柔軟剤の使いすぎが今回の故障の原因かも?こればかりは管理人の勝手な思い込みかもしれませんが最近、やたら使う頻度が多くなっていたので少なからず可能性もあるかな~?・・・汗)

少し、量を減らすなど様子を見ていこうと思ってます!

まぁ~ともあれ大きな出費を免れた管理人、やってみるもんですね!最後にメーカーに今回の修理を依頼した場合出張料と部品代とで15,000円位はかかるようです(詳しくはメーカーに語確認ください)

どケチな管理人も納得の洗濯機のDIY修理でした。上記の故障症状の時には参考に!

*修理に関しては電源プラグを必ず抜き安全を確保し自己責任にて行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 山本太一 より:

    御礼のメールです。
    自宅の洗濯機が同じ様な症状となり、記事や写真を
    参考にさせて戴きながらパネルを外して
    洗濯機を倒して中を点検しましたところ
    排水弁の作動レバーが外れている事を発見、
    取り付け直して無事復旧する事が出来ました。
    妻も大喜びで本当に有難うございました!

    • otama より:

      はじめまして! たま見聞録の黒須と申します。
      今回は、御礼のメールを頂きありがとうございました。
      記事の内容が少しでもお役に立てて嬉しいです(^^)

      本当、洗濯機の修理と聞いただけで素人には無理!っと思ってしまいますもんね(^^ゞ
      でも、本当に難しい修理はメーカーに頼むより仕方ないにしてもきっとヒントを
      もらえれば私達素人でもできる修理って意外に沢山あるのかも?しれませんね。

      そして、何より自分で修理ができた事に喜びと少しの感動があったりするんですよね(^^)!
      このブログではそんな小さな生活のヒントを投稿しています!
      機会がありましたら、またお立ち寄りください。
      返信が遅くなり大変失礼しました。これからも宜しくお願い致します(^^)

  2. 佐藤 より:

    先ほど同じ症状でこちらのHPにたどり着きました。
    おかげ様で謎の異物を取り出しまた使えるようになりました。
    洗濯機は以前も故障して買い替えているだけに鬼門だったのですが
    修理できて非常に感謝しております。
    ありがとうございました。

    • otama より:

      はじめまして! たま見聞録の黒須と申します。
      御礼のメールを頂きありがとうございました。
      記事の内容が少しでもお役に立てて嬉しいです(^^)

      本当ですよね!洗濯機は家電の中でもなくてはならない家電の1つですよね~! それ故、故障でもしようものなら急を要するため結構な確率で新品に買え変えてしまうケースも多いように聞いています。
      又、出張サービスも馬鹿にならない金額をとられたりしますから尚更ですよね(^^ゞ 少しだけヒントがあれば素人の私達でも直せる修理も意外に沢山あるのかもしれませんね?
      今回、当ブログの記事がお役に立てて大変嬉しく思います! その他くだらない記事等もございますが機会がありましたらまた、お立ち寄りください。