男性ホルモンの量とテストステロンの検査とは?

LINEで送る
[`livedoor` not found]

スポンサーリンク

 40年以上生きてくると何かと体のあちこちが整備不良をおこし調子が悪くなるものですね!

まだまだ若いと思っていても少なからず自信をなくしている部分もあるご同輩が多いようですね。

でも、その原因が男性ホルモンに影響されているといわれると少し興味をもちませんか?  

そこで今回は男性ホルモンって何?っていうところから、お伝えしますね。

先日ユーチューブにて、今やなつかしい「北の国から」の第一回目から見ていたら止まらなくなり、3日間で15話ほど見てしまいました。(家族に呆れられました・・・(T_T))

今、見てもいいドラマですねホント! 五郎(田中邦衛)・純(吉岡秀隆)・蛍(中島朋子)皆若いしかわいいこんな時代があったのだ〜と改めてあの頃を振り返る。

ドラマシーンの中で純が、妄想を抑えられなくなり女性に対する想いが自分では病気ではないかと、父親五郎に相談するというシーンがありました。(うん〜うん〜と頷く) 今の時代であれば、そんな事とは父親に相談するだろうか?と思わせるシーンでもありましたが・・・これはこれで時代ですから”いいんです”。

本題、まさしくこれが男性ホルモンのなせる技?仕業ですね。  

男性ホルモン=テストステロンといわれています。

●純が妄想をする=テストステロン分泌

●子供から大人の骨格になる=テストステロン分泌

●筋肉質な体つきになる=テストステロン分泌

●声変わりする=テストステロン分泌

●体毛・ひげが生える=テストステロン分泌

テストステロンはどこでつくられるの? これは「睾丸」で殆どがつくられ分泌されます。

  そこで本題に戻りますが男性ホルモンの影響でって事ですが・・これで悩んでいる人最近多いようですよ! 若い男の子でも最近、女の子より美肌で綺麗な美男子って多い気がしますよね。

綺麗にしているでしょうが、そもそもひげが生えないらしく1週間に1回くらいの手入れで済んでしまう位薄いらしいです。体毛も然りです。(髪の毛は別)

そういう男の子を今の女の子達はこぞって好む傾向にあるようですね。もちろん、世の中の傾向も同じ路線にあると思うのですが・・・・  

でも、そんな男の子達のなかにも真剣に悩んでいる人がいるんですよね!

ひげをたくわえたい、男らしい顔つきや体つきになりたいと真剣に悩んでいる人がいるんですね自分は男性ホルモンが少ないから・・・男らしくなれないんじゃないかなっと真剣にホントに真剣に悩んでいるんです。

少しうらやましと思ってしましますが、その人その人の悩みは深いですもね!  

そして、40代後半から男性更年期障害なども男性ホルモンが大きく関わっています。

これは同級生がかかっていた病気でしばらく分からず本人も相当我慢を強いれられたようで大変な闘病になったようでした。

女性の更年期障害はよく聞くので検査も発見もしやすい傾向にはあると思うのですが男性のホルモンの悩みに関しての検査・通院はあまり情報が少ないようですね。  

男性ホルモン検査って?

●テストステロン血液検査(男性ホルモンの血中濃度測定)

内容

●生殖機能の成長状態の確認

●不妊症治療患者の治療過程における定期検査

●男性更年期障害

●性機能不全

●自閉症

●多毛症

●前立腺がん

●認知症

●うつ病

このように多くの病気が絡んでいることが分かりますね!

以外に見逃されている病気に男性ホルモンがかかわっているかもしれませんね!

先ずは、自分の掛かりつけのお医者さんを見つけておく事!小さの事でも相談できる主治医を持つことはこれからの人生で非常に重要ですよね! 

少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする